地方分権推進事例(都道府県・分野別)


【社会保障分野】

◆事業名をクリックすると内容を読むことができます。但し、Acrobat Readerが必要です。

NO 事業名(条例名等) 団体名 備    考 分権改革項目 条例
1 福祉相談センターの設置 茨城県 中央児童相談所、婦人相談所、知的障害者更正相談所、身体障害者更正相談所の再編統合 必置規制の見直し  
2 健康福祉環境事務所の設置 新潟県 保健所、福祉事務所、児童相談所の統合 必置規制の見直し  
3 保健と福祉の統合 石川県 保健所、福祉事務所、児童相談所の統合(4圏域に保健福祉センター設置) 必置規制の見直し  
4 保健福祉環境事務所の設置 福岡県 保健所、福祉事務所の統合 必置規制の見直し  
5 在宅ホスピスケア推進事業 宮城県 保健・福祉・医療を総合化したサービスを自宅等で提供する在宅ホスピスケアの全県普及 その他  
6 知的障害者グループホーム体験ステイモデル事業 在宅知的障害者の自立支援
地域生活での自立に向けたグループホーム(県とNPOとの共同運営)体験
その他  
7 障害者芸術祭開催事業(とっておきの音楽祭) 国内最大級のノーマライゼーション音楽祭「とっておきの音楽祭」の開催
その他  
8 「生涯安心共済制度」の創設支援 岐阜県 高齢者の貯蓄(財産)を有効活用した生涯安心生活の仕組みづくり その他  
9 重症心身障害者の頼れる相談相手(ケアコーディネーター)の設置 重症心身障害児(者)全員に専属相談相手(ケアコーディネーター)を配置 その他  
10 ねんりんスポーツ・文化祭開催事業 福岡県 スポーツ・文化活動を通じた高齢者の生きがい・仲間・健康づくり支援 その他  
(注) 各都道府県から回答のあった内容をそのまま掲載しておりますが、整理の都合上、分野、分権改革項目を一部調整した事例があります。