従来の通達の整理等に関する考え方について

 

 機関委任事務制度の廃止により、地方公共団体の長は、国の機関としての性格はもたず、大臣の指揮監督を受けることはなくなるので、地方公共団体に対する指揮監督権の行使としての「通達」という概念はなくなることから、従来の通達、通知は次のとおり整理されることとなる。  

 

(参 考)

BACK