国連人間居住会議(ハビタットU)の結果の実行に関する再検討と評価のための国連特別総会準備委員会として機能する人間居住委員会に関する報告(第2回会合 2001年2月19〜23日)(抄)
〔ハビタットホームページ(http://www.unchs.org/istanbul+5/A_S25_2_English.PDF)より〕

下記決定2/1が宣言文案、別紙2が議論の要約となっている。

宣言文案パラグラフ37末尾の2つの[]書きが、両論併記部分である。

REPORT OF THE COMMISSION ON HUMAN SETTLEMENTS ACTING AS THE PREPARATORY COMMITTEE FOR THE SPECIAL SESSION OF THE GENERAL ASSEMBLY FOR AN OVERALL REVIEW AND APPRAISAL OF THE IMPLEMENTATION OF THE OUTCOME OF THE UNITED NATIONS CONFERENCE ON HUMAN SETTLEMENTS (HABITAT II)
SECOND SESSION(19-23 FEB 2001)

Decision 2/1

DRAFT DECLARATION ON CITIES AND OTHER HUMAN SETTLEMENTS IN THE NEW MILLENNIUM


D. Undertaking further actions

37. We further resolve to empower local authorities, non-governmental organizations and other Habitat Agenda partners, within the legal framework and according to the conditions of each country, to play a more effective role in shelter provision and in sustainable human settlements development. This can be achieved through effective decentralization, where appropriate, of responsibilities, policy management, decision-making authority and sufficient resources, where possible including revenue collection authority to local authorities, through participation and local democracy as well as through international cooperation and partnerships. In particular, the effective role of women in decision-making in local authorities should be ensured, if necessary through appropriate mechanisms.
[In this context, we agree to establish an intergovernmental forum to deliberate on guiding principles of local self-government with a view to reaching a consensus on an enabling international framework that would guide national legislative reforms leading to effective decentralisation policies.]
[In this context we undertake to deliberate further on all issues related to effective decentralization and strengthening of local authorities.]

Annex II

SUMMARY OF THE DISCUSSIONS IN PLENARY ON ITEMS 4 AND 5 OF THE AGENDA

Item 4
Preparation of a draft report on the overall review and appraisal of the implementation of the Habitat Agenda

27. One delegation requested the removal of all references to the World Charter of Local Self-Government from the final version of the report on the overall review of the implementation of the Habitat Agenda.

Item 5
Preparation of a draft declaration on cities and other human settlements in the new millennium

34. While recognizing the important role of local authorities in ensuring sustainable urban development and providing access to shelter for all, several delegations requested deletion of references to the proposed world charter of local self-government from the declaration, since no consensus had been reached regarding,such a charter. In addition, one delegation recommended deletion of the reference to the AdvisoryCommittee of Local Authorities (para. 17), as this was not directly related to the subject of the paragraph.
Several delegations also recommended that, in general, all controversial issues on which there was no agreement among Governments be left out of the declaration. Some delegations further recommended that the guiding role of central government in central-local government relations be emphasized, while another wished to see a better understanding of decentralization within federal States reflected in the declaration.

(地方分権推進本部仮訳)

 国連人間居住会議(ハビタットU)の結果の実行に関する再検討と評価のための国連特別総会準備委員会として機能する人間居住委員会に関する報告(第2回会合 2001年2月19〜23日)


決定2/1

都市及びその他の人間居住に関する新千年紀宣言草案


D 更なる行動への着手

37 我々は、各国の状況に応じ、法的枠組みの範囲内において、地方自治体、非政府組織、その他のハビタットアジェンダ・パートナー達に対し、避難所の提供と継続的な人間居住開発においてより効果的な役割を果たすことが可能となるよう権限を付与することを決意する。これは、国際的な協力やパートナーシップ関係を通じてのみならず、住民参加や地方における民主主義を通じて、また適当な場合には、責任、政策管理、意志決定権及び可能な場合には歳入徴収権を含む十分な財源についての効果的な地方分権によって達成が可能となる。特に、地方自治体の意志決定における女性の効果的な役割は、必要があれば適切なメカニズムを通じて確保されるべきである。
[これに関連して、我々は、効果的な地方分権政策につながる国内法の改革を導き得る国際的な枠組みについて合意を得ることを目的として、地方自治体の指導原則について協議するための政府間フォーラムの設立について同意する。]
[これに関連して、我々は、効果的な地方分権と地方自治体の強化に関連するあらゆる課題についての更なる協議に着手する。]

別紙2
全体会合における議題項目4と項目5に関する議論の要約

項目4
ハビタット・アジェンダの実行に関する再検討と評価のための報告草案の準備

27 ある代表団は、世界地方自治憲章に関するすべての言及を、ハビタット・アジェンダの実行に関する再検討の報告書の最終草案から削除するよう要求した。

項目5
都市及びその他の人間居住に関する新千年紀宣言草案の準備

34 継続的な都市開発を確保し、すべての人に居住の接点を提供するという地方自治体の重要な役割を認識する一方で、いくつかの代表団は、世界地方自治憲章に関しては合意に達していないので、憲章案に関する言及を削除するよう要求した。さらに、ある代表団は、地方機関による国連諮問委員会への言及(パラグラフ17)を、文章の主題に直接関係していないため削除するよう勧めた。
 いくつかの代表団は、一般的に、政府間で合意されていない事項に関しては、宣言から落とすよう勧めた。中央と地方政府間の関係において中央政府の指導的役割を強調すべきと強く勧めた代表団があった一方で、宣言に反映された連邦国家内で、地方分権について一層理解がされるよう望む代表団もあった。

 

BACK