条例による事務処理の特例の状況一覧 (H13.4.1現在)

 地方自治法第252条の17の2第1項の規定に基づき、知事の権限の一部を条例の定めるところにより、市町村が処理することとしたものを調査しました。
 各表は、地方分権推進本部が各都道府県の事務処理の特例に関する条例を参照して作成したものです。表の作成に当たっては「表の見方について」に記載したとおりですが、不適切な箇所等お気づきの点がありましたら、当本部までお知らせください。


表の見方について

法律名50音索引   ア行 カ行 サ行 タ行 ナ行 ハ行 マ行 ヤ行 ラ行 全体

 

(参考)

法律数 147本 (延べ法律数 1,392本)
1団体当たり平均法律数29.6 本
1法律当たり平均団体数9.5 団体

(注)
  1. 「法律数」とは、事務処理の特例条例に掲げられている法律数である。
  2. 「延べ法律数」とは、各都道府県の事務処理の特例条例に掲げられている法律の延べ数である。
  3. 「1団体当たり平均法律数」とは、「延べ法律数」を全都道府県数(47)で除したものである。
  4. 「1法律当たり平均団体数」とは、各法律ごとに事務処理の特例条例を制定している団体数の合計を「法律数」で除したものである。

戻る