第13回地方分権時代の条例研究会の概要

※ PDFファイルを読むためには Adobe Acrobat Reader が必要です 。

日 時 平成15年7月10日(木)午前10時30分〜12時30分
場 所 都道府県会館4階 408号会議室
出席者
天野、金井、斎藤(誠)、櫻井、高木、中沢、中島、鳴田、安藤、斉田、増山、塚田の各委員
議 題 1 今年度のテーマ、進め方等について
2 課税自主権(法定外税等)、都市計画(土地利用規制)、幼保一元化に係る論点について
3 課税自主権(法定外税等)に係る条例について
概 要 ○ 課税自主権(法定外税等)、都市計画(土地利用規制)、幼保一元化の3テーマについて研究を行うことと
 なりました。
○ 各テーマに係る主な論点、及び課税自主権(法定外税等)と条例について、(1)課税自主権の根拠と範囲、
 (2)課税自主権の外延(法定外目的税創設の意義、同意を要する協議等)などを中心に意見交換が行われま
 した。

 主な意見等

 1 各テーマの主な論点等について
  (1)都市計画(土地利用規制)について
  (2)幼保一元化について

 2 課税自主権(法定外税等)に係る条例について
  (1)資料2「課税自主権(法定外税等)に関する主な論点」の項目について
  (2)「1 課税自主権の根拠と範囲」について
  (3)「2 課税自主権の外延」について
    ア 法定外目的税創設の意義
    イ 法定外税の現在の総務大臣の同意について

 資 料
   別紙一覧のとおり

 会議風景

     

 

 

 

BACK