第8回地方分権時代の条例制定研究会の概要

 

1 外郭団体の情報公開について
(1)外郭団体の範囲と判断基準について 〜 実施機関とすることを中心にして

(2)外郭団体を実施機関とする場合に想定される課題をめぐって
 ○ 別人格を有する外郭団体という限界(1番目の課題)

 ○ 設立法との抵触(2番目の課題)

 ○ 私法上の行為形式に従って活動する外郭団体に対する行政処分権限の付与(3番目の課題)

(3)実施機関とする手法以外で、外郭団体の情報公開を推進する手法
 ○ 外郭団体から情報提供を受けて行政が開示する手法(情報公開協定の締結の努力義務)

 ○ 外郭団体の自主的開示の促進手法(外郭団体の規程整備の努力義務)

 ○ 外郭団体における情報公開の義務づけをめぐって

(4)特別地方公共団体の情報公開の推進について

2 法定受託事務の処理基準と情報公開条例の法令秘情報について
 ○ 処理基準だけで不開示とされる情報の取扱い

 ○ 法定受託事務の処理基準の性格について

3 死者の個人情報について
(1)「死者の個人情報」一般

(2)条例に位置付ける意義

BACK