(このページは、地方分権推進本部が作成しました。)

栃木県国土交通省所管公共用財産使用料条例

平成12年3月28日
栃木県条例第11号

 (趣旨)

第1条 この条例は、国土交通省所管の公共用財産(国有財産法(昭和23年法律第73号)第3条第2項第2号に規定する公共用財産のうち、河川等(河川、湖沼その他の水流又は水面をいい、河川法(昭和39年法律第167号)が適用又は準用される河川を除く。)又は道路(道路法(昭和27年法律第180号)が適用される道路を除く。)の用に供されているもので、国土交通大臣の所管に属し、かつ、県が管理するものをいう、以下同じ。)の使用又は収益に係る使用料に関し必要な事項を定めるものとする。

 (使用料の徴収)

第2条 知事は、国有財産法第18条第3項の規定により国土交通省所管の公共用財産の使用又は収益の許可を受けた者から、別表の規定により算定される額(許可期間がその始期の日の属する年度の翌年度以降にわたる場合は、毎年度、当該年度分として算定される額)の使用料を徴収する。

 (使用料の免除)

第3条 知事は、特別の理由があると認めるときは、使用料の全部又は一部を免除することができる。

 (使用料の不還付)

第4条 既に納付した使用料は、還付しない。ただし、知事が特別の理由があると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

   附 則

1 この条例は、平成12年4月1日から施行する。
2 この条例の施行前に知事がした建設省所管の公共用財産の使用料の徴収に係る処分、手続その他の行為でこの条例の施行の際現にその効力を有するものは、この条例の相当規定によってした処分、手続その他の行為とみなす。

   附 則(平成12年条例第52号)
 この条例は、平成13年1月6日から施行する。