(このページは、地方分権推進本部が作成しました。)

茅ヶ崎市ラブホテル規制条例(平成4年7月1日茅ヶ崎市条例第23号)

 (目的)
第1条 この条例は、ホテル等の建築に関し必要な事項を定めて、ラブホテルの規制を行い、住宅地の良好な生活環境と青少年の健全な育成のための教育環境を保全するとともに、本市の都市像である自然と人がふれあう心豊かな快適都市の実現に寄与することを目的とする。

 (定義)
第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

 (規制区域)
第3条 次の各号に規定する地域及び区域(以下「規制区域」という。)内においては、ラブホテルを建築してはならない。

 (届出等)
第4条 規制区域内においてホテル等を建築しようとする者は、次に掲げる行為を行う前に、市長に届出書を提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定による届出書の提出があったときは、届出に係る計画がラブホテルに該当するか否かを判定し、その結果を当該届出者に通知しなければならない。
3 市長は、前項の規定による通知をしようとする場合においては、あらかじめ茅ヶ崎市ホテル等建築審議会に諮問し、その意見を聴かなければならない。

 (計画の公開)
第5条 規制区域内においてホテル等を建築しようとする者は、前条の規定による届出後速やかに、当該建築計画の概要を記載した標識を当該建築物の敷地内で公衆の見やすい場所に設置しなければならない。

 (勧告及び要請)
第6条 市長は、第3条に規定する規制区域外においてホテル等を建築する者に対し、周辺の環境との調和を図るために必要な勧告を行うことができる。

2 市長は、第4条第1項の規定による届出をした者に対し、周辺の環境との調和を図るために、計画の変更を要請することができる。
3 市長は、前2項の規定による勧告又は要請をしようとするときは、茅ヶ崎市ホテル等建築審議会に諮問し、その意見を聴くことができる。

 (違反者に対する措置)
第7条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対して、工事の施工の停止を命じ、又は相当の猶予期限を付けて、違反を是正するために必要な措置をとることを命ずることができる。

  • (1) 第3条の規定に違反する者
  • (2) 第4条第1項の規定による届出をせずにホテル等を建築する者

 (聴聞の方法の特例)
第8条 市長は、前条の規定による命令をしようとするときは、茅ヶ崎市行政手続条例(平成9年茅ヶ崎市条例第2号)第12条第1項の規定による意見陳述のための手続の区分にかかわらず、聴聞を行わなければならない。

2 前項の聴聞の期日における審理は、当該聴聞の当事者から請求があったときは、公開により行わなければならない。
3 第1項の聴聞の主宰者は、当該聴聞の期日における証人の出席について、当該聴聞の当事者から請求があったときは、これを認めなければならない。

 (立入調査)
第9条 市長は、この条例の施行に必要な限度において、職員に建築中若しくは建築後の建築物又はその敷地に立ち入らせ、必要な調査を行わせることかできる。

2 前項の規定により、立入調査を行う職員は、その身分を示す証明書を携帯し、関係人の請求があったときは、これを関係人に提示しなければならない。

 (委任)
第10条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

 (罰則)
第11条 第7条の規定による市長の命令に違反した者は、6月以下の懲役又は100,000円以下の罰金に処する。

2 次の各号のいずれかに該当する者は、20,000円以下の罰金に処する。
  • (1) 第4条第1項の規定による届出をせず、又は虚偽の届出をした者
  • (2) 第9条第1項の規定による立入調査を正当な理由なく拒み、妨げ、又は忌避した者
3 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者がその法人又は人の業務に関して、前2項の違反行為をしたときは、その行為者を罰するほか、その法人又は人に対して前2項の罰金刑を科する。

   附 則

 (施行期日等)

1 この条例は、公布の日から施行し、施行日以後のホテル等の建築(施行日前において、建築基準法第6条第1項に規定する確認の申請書を受理しているもの(同法第87条第1項において準用する場合を含む。)又は旅館業を目的とした建築の規制に関する条例(昭和46年茅ヶ崎市条例第26号)第2条の規定による市長の同意を得ているものを除く。)について適用する。

 (旅館業を目的とした建築の規制に関する条例の廃止)

2 旅館業を目的とした建築の規制に関する条例は、廃止する。

 (茅ヶ崎市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び責用弁償に関する条例の一部改正)

3 茅ヶ崎市特別職の頓員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(昭和31年茅ヶ崎市条例第11号)の一部を次のように改正する。
    [次のよう]略

   附 則(平成8年条例第11号)

 この条例は、公布の日から起算して4月を超えない範囲内において規則で定める日から施行する。
 (平成8年規則第20号で平成8年5月10日から施行)

   附 則(平成9年条例第2号)抄

 (施行期日)
1 この条例は、平成9年10月1日から施行する。

   附 則(平成10年条例第45号)抄

 (施行期日)
1 この条例は、平成11年1月1日から施行する。

 別表第1(第2条関係)
収容人員の区分床  面  積
ロ ビ ー食 堂 等会 議 室 等
30人以下30平方メートル30平方メートル30平方メートル
31人以上
  50人以下
40平方メートル40平方メートル40平方メートル
51人以上
 100人以下
客室の収容人員に
1平方メートルを
乗じて得た数値
客室の収容人員に
1平方メートルを
乗じて得た数値
客室の収容人員に
1平方メートルを
乗じて得た数値
101人以上101平方メートル101平方メートル101平方メートル

 別表第2(第3条関係)
1 学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する学校、同法
  第82条の2に規定する専修学校及び同法第83条に規定する各種学校
2 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第7条に規定する児童福祉施設
3 社会教育法(昭和24年法律第207号)第20条に規定する公民館
4 図書館法(昭和25年法律第118号)第2条第1項に規定する図書館
5 博物館法(昭和26年法律第285号)第2条第1項に規定する博物館及び同法第29条に規定する博物館に相当する施設
6 都市公園法(昭和31年法律第79号)第2条第1項に規定する都市公園
7 医療法(昭和23年法律第205号)第1条の2に規定する病院及び診療所
8 茅ヶ崎市民文化会館条例(昭和55年茅ヶ崎市条例第1号)第2条に規定する茅ヶ崎市民文化会館
9 茅ヶ崎市地域集会施設条例(平成10年茅ヶ崎市条例第3号)第2条に規定する茅ヶ崎市地域集会施設
10 茅ヶ崎市青少年会棺条例(昭和59年茅ヶ崎市条例第5号)第2条に規定する茅ヶ崎市青少年会館
11 茅ヶ崎市子どもの家条例(昭和63年茅ヶ崎市条例第3号)第2条に規定する茅ヶ崎市子どもの家
12 茅ヶ崎市体育館条例(平成元年茅ヶ崎市条例第4号)第2条に規定する茅ヶ崎市体育館
13 茅ヶ崎市屋内温水プール条例(昭和56年茅ヶ崎市条例第1号)第2条に規定する茅ヶ崎市屋内温水プール
14 茅ヶ崎市が設置するスポーツ広場