条例名称 高知県四万十川の保全及び流域の振興に関する基本条例
概要及び特徴的規定等 ◎ 四万十川を県民・国民共有の財産として後世に引き継いでいくため、四万十川の保全及び流域の振興について、基本理念を定め、並びに県、流域市町村、事業者、県民及び旅行者等の役割を明らかにするとともに、四万十川の保全及び流域の振興に関する方策を定める。

○ 基本原則
○ 将来像
○ 県の役割

  • 基本的かつ総合的方策の策定実施、流域市町村の方策の支援
○ 流域市町村の役割
  • 方策の策定実施
○ 事業者、県民、旅行者等の役割
  • 四万十川の保全等に努め、県又は流域市町村の方策に協力
○ 重点地域の指定
  • 回廊地区、保全・活用地区、共生モデル地区及び原生林保全地区の指定
  • あらかじめ高知県四万十川流域保全振興委員会の意見を聴取
○ 重点地区内の行為における制限等
○ 清流の保全措置
  • 清流基準、保水力の向上、自然の浄化機能の向上、濁りの防止
○適正な産業活動
  • 産業廃棄物の減量及び資源の循環的利用、自動車等の駐停車時の原動機の停止、エコカーの利用促進
○ 環境配慮指針の設定
○ 流域振興のための方針及び具体的な計画の策定
○ 目標指標の設定、住民意識調査の実施・公表
○ 高知県四万十川流域保全振興委員会の設置(委員15人以内)
○ 中止命令等

 公布:平成13年3月27日条例第4号
 施行:平成13年4月1日

条例全文 http://www.bunken.nga.gr.jp/kenkyuusitu/jourei/honbun/h0282.html