条例名称 京都市市街地景観整備条例
概要及び特徴的規定等 ◎市固有の趣のある市街地の景観が市民にとって貴重な文化的資産であることにかんがみ、建築物他の工作物の位置、規模、形態及び意匠の制限に関する事項他、市街地景観の整備に関し必要事項を定める。
○美観地区(都計法8-1-6)における意匠の制限
  • 美観地区を第1種から第5種のいずれかに指定
  • 建築物等の新築等の承認、承認の基準
  • 高架工作物等の新築等の協議
○建造物修景地区(建築物等の新築等の届出)
○沿道景観形成地区(計画策定、建築物等の新築等の届出)
○歴史的景観保全修景地区(計画策定、建築物等の新築等の承認等)
○界わい景観整備地区(計画策定、建築物等の新築等の承認等)
○歴史的意匠建造物(維持管理、移転除去等制限、費用補助)
○市街地景観協定
○監督処分、公表等
○市街地景観整備団体支援
○罰則 措置命令違反への30万円以下罰金 等

条例全文 http://www.city.kyoto.jp/somu/bunsyo/REIDT/REI/00000745.HTML