条例名称 京都市中高層建築物等の建築に係る住環境の保全及び形成に関する条例
概要及び特徴的規定等 ◎ 中高層(別表)建築物等建築に関し建築主等配慮事項、建築計画周知の手続、紛争の調整及び調停の手続その他必要事項を定める。

○ 市、建築主等の責務、自主的解決
○ 建築主等の配慮等

  • 建築計画上の配慮(日照通風、近隣住居が容易に観望されないこと、隣接道路の交通安全、駐車場設置、形態等周辺景観調和)
  • 工事中の措置(騒音、振動、粉じん等の被害についての近隣住民との協議と防止軽減措置) 
  • テレビ受信障害措置、緑化推進
○ 建築計画に係る周知手続
  • 標識設置、設置及び計画概要届出、近隣住民等への計画説明、説明状況報告
○ 中高層建築物等に係る指導
  • 17m越え建築物の高さ制限指導
  • 特定共同住宅(3階、15戸以上)の別基準による措置指導
○ 調整調停
  • 自主的努力で解決に至らない場合の建築紛争調整申出
  • 調整で解決しない場合の市長への調停申出
  • 当事者双方申出、一方申出で他が同意の場合の委員会調停付託
○ 監督処分(標識設置命令)、公表
○ 罰則 命令違反等の10万円以下罰金
条例全文  http://www.city.kyoto.jp/somu/bunsyo/REIDT/REI/
00001046.HTML