条例名称 近江八幡市総合介護条例
概要及び特徴的規定等 ◎ 介護に関する基本理念及び総合施策等を定める。

○ 基本理念

  • すべての市民は家族の有無、社会的経済的身体的精神的状態の程度に係わらず自立した日常生活を営むことができるよう介護サービスを利用する権利を有する。
  • すべての市民は介護サービスの内容について十分な説明を受けて自由な意思で選択し、決定する権利を有する。
  • すべての市民は介護施策の策定、実施、評価の全般に参画し意見する機会が保障される。 等
○ 市(下記)、介護サービス事業者、市民の責務   
  • 介護施策の総合的策定と実施、及びこのために必要な場合の担任大臣、知事に対する意見申出 等
○ 介護保険法施行関連
○ 総合介護市民協議会設置
○ 介護サービス事業基盤整備
○ 介護サービス利用者支援
  • サービス利用者、市、事業者の対等関係確保と福祉権利擁護の措置
  • 介護サービスに関する相談苦情に対応し解決する機関の設置
○ 総合介護計画の策定(高齢者福祉計画、高齢者保健計画、介護保険事業計画が一体となるもので協議会に諮問)
条例全文 http://www.bunken.nga.gr.jp/kenkyuusitu/jourei/honbun/
h0105.html