条例名称 大分県生活環境の保全等に関する条例
概要及び特徴的規定等

◎ 環境基本条例基本理念にのっとり公害防止の規制、事業活動、日常生活における環境負荷低減のための措置他必要事項を定める。
○ 県等(市町村、事業者、県民)の責務、市町村との関係
○ 公害の防止に関する規制

  • 特定工場等規制
     窒素酸化物ばい煙等規制基準、排水地下浸透規制、設置届出
  • 特定粉じん排出等作業の規制 作業基準、粉じん飛散防止
  • 特定事業者の、指定区域等での、規則で定める焼却施設によらない燃焼不適物の燃焼行為禁止、中止勧告等
  • 拡声機使用等の規制(夜間営業等の騒音制限含む)、停止命令等
  • 土砂等の埋立て等の規制(使用土砂等の安全基準と非適合土砂の埋立て使用禁止、土砂汚染防止地域指定)、措置命令
  • 地下水の水質の浄化に関する措置、非常時等の措置
○ 化学物質の適正な管理
○ 廃棄物の減量、適正処理、資源の有効利用
○ 自動車の使用に伴う環境負荷低減(環境負荷の少ない自動車への転換、駐車時の原動機停止等)
○ 生活排水による水質汚濁防止 
○ オゾン層破壊物質の回収等
○ 事業者の自主的環境管理
○ 中小企業者助成、環境保全協定
○ 罰則 計画変更命令等違反への1年以下懲役、50万円以下罰金等

条例全文 http://www2.pref.oita.jp/13000/13000a/top/90hozenj/index.htm