条例名称 与野カーディーラー通り特別用途地区建築条例
概要及び特徴的規定等 ○ 市の基幹産業である自動車ディーラーの存続及び新規の誘導を図っていく必要があるため、特徴ある自動車ディーラー通りとして、その環境を維持し沿道サービス系の土地利用の増進を図るとともに、操業環境、商業環境、生活環境の保護を目的とする。
  • 特別用途地区内の建築制限(準住居地域並の用途地域規制)
  • 特別用途地区内の建築制限緩和
  • 建築基準法第48条9項の規定によると自動車修理工場の床面積は、300uまで建築可能であるが、特別用途地区内に限り作業面積の床面積が、1,500uを超えないものは、建築等ができる。
  • 罰則 建築制限違反の20万円以下の罰金
条例全文 http://www.bunken.nga.gr.jp/kenkyuusitu/jourei/honbun/
h0045.html