条例名称 岡山県県土保全条例
概要及び特徴的規定等 ◎ 開発行為(土地区画形質変更)の許可基準他開発行為の適正化に必要な事項を定め県土の無秩序な開発を防止する。

○ 県等の責務
○ 10ヘクタール以上土地開発行為の土地利用権利取得契約前の協議
○ 知事は前記協議終了後、関係市町村長に対し事業主と開発協定(利用目的と処分、公共公益施設、給排水施設、文化財及び自然保護、公害災害防止等)の締結要請
○ 1ヘクタール以上土地開発行為の許可(審査会意見聴取)
○ 開発許可基準(適合しない場合は許可してはならない。)

  • 道路他公共公益施設の災害防止他支障のない構造等での配置
  • 周辺道路他公共施設の災害防止他支障のない構造等での配置
  • 排水施設が開発及び周辺地域に溢水等が生じない構造で配置
  • がけくずれ等の災害が生じないように擁壁の設置等
  • 将来需要に応じられる用水確保の見通しがあり、かつ、給水施設が給水に支障のない構造等で配置 等
○ 監督処分等(措置命令等)、報告、勧告等、不服申立て
○ 適用除外 都市計画区域内の開発行為 等
○ 罰則 命令違反に対する6月以下懲役、50万円以下罰金 等
条例全文 http:http://www.bunken.nga.gr.jp/kenkyuusitu/jourei/honbun/h0043.html